seiyutoha

「アロマ」という言葉が徐々に浸透しつつあるこの頃。けれど、未だ精油(エッセンシャルオイル)とはどのようなものなのかということは知られていないように思います。

今回は精油とはどのようなものなのかお話しします。今、アナタの手元にあるものは「精油」ですか? お読みになりながら確かめてみるのも良いかもしれません。


精油には定義があるって本当!? 何を持って精油と言うのだろう

seiyutoha2

雑貨屋さんなどでいい香りのアロマオイル!! と掲げられていてついつい購入してしまった…でもこれって本当にアロマテラピーで使うあの「精油」なのかしら? と思われる方も多くいらっしゃると思います。

実は、「精油」には定義のようなものがあり、以下のようなものが精油と呼ばれています。

― 精油とは…? ―

植物の花や葉、果皮、樹皮などから香りの成分(芳香分子)を抽出したもので、成分の添加や除去を一切していない純粋なもの。

定義というのはアロマテラピー協会などにより異なる部分はありますが、「植物から得られた純粋な香り成分を凝縮させたオイル」といった感じになります(ざっくり…)。

では、次は本物のアロマテラピーを行う上で最も(?)大切なポイントに話を進めていくことにしましょう。

アロマオイルと精油の違いって? 安心してアロマテラピーを行うために

ここで「アロマオイルを持っているけど、精油と何が違うの?」という疑問を持たれた方はいませんか? そうなんです…この疑問こそ、アロマテラピーを行う上で知っておかなければならないことなんです!

精油が100%ナチュラルなオイルなのに対して、アロマオイルは「人間の手が加わって香り付けされたオイル」のことを言います!

アロマオイルにはアルコールや種々の人工的な添加物が混ざっているため、塗布などをしたりするアロマテラピーでは使うことができません。

ココロやカラダを癒すためのアロマテラピーを安心して楽しむためにこの違いを是非覚えておきましょう。

精油がどのようなものかについてのまとめ

seiyutoha3

*(定義は様々ですが…)「精油」とはざっくり言うと「植物から得られた純粋な香り成分を凝縮させたオイル」のこと。

*安心してアロマテラピーを行うために「アロマオイル」と「精油」の違いについて知っておこう。

私が精油とアロマオイルの違いを知ったのは、セラピストになるための勉強をしている時でした。

(本物の)精油を使うことはアロマテラピーをする上でとても大切なことなんだよと教えていただいた時のことを思い出しながら、お話をしました。今回も最後までお読みいただいて、ありがとうございます。